UP
New-Line-to-Break Extension
前のページへ
Python-Markdown Extensionsのつたない翻訳
次のページへ
SmartyPants(属性リスト)


Sane Lists(分別のあるリスト)

初回公開:2018/01/01
最終更新:2018/01/13

Sane Lists Extension — Python Markdown」をつたない翻訳,勝手な解釈。

【 目次 】

要約

Sane Lists extensionは、MarkdownのList構文の動作に対して、あまり驚くほどではない変更をおこなう。
このextensionは標準のMarkdownライブラリに含まれています。

構文

Sane Listsはリストタイプの混在を許さない。
言い換えれば、順序付けされたリストは、順序付けされていないリスト項目に遭遇したときには継続しないし、逆もまた同様である。

例えば:

1. Ordered item 1
2. Ordered item 2

* Unordered item 1
* Unordered item 2

結果は次のようになります。

<ol>
  <li>Ordered item 1</li>
  <li>Ordered item 2</li>
</ol>

<ul>
  <li>Unordered item 1</li>
  <li>Unordered item 2</li>
</ul>

デフォルトのMarkdownの動作は、順序付けられていないリストを生成することです。

デフォルトのMarkdownの動作とは異なり、空白行がリストアイテム間に含まれていない場合、異なるリストタイプは完全に無視されます。
これは段落の動作に対応します。

例えば:

A Paragraph.
* Not a list item.

1. Ordered list item.
* Not a separate list item.

結果は次のようになります。

<p>A Paragraph.
* Not a list item.</p>

<ol>
  <li>Ordered list item.
  * Not a separate list item.</li>
</ol>

訳者による蛇足

ちなみにSane Lists extensionを使わない場合のMarkdownの出力は以下のようになる。

<p>A Paragraph.
* Not a list item.</p>
<ol>
<li>Ordered list item.</li>
<li>Not a separate list item.</li>
</ol>

使い方

extensionの一般的な使用法については、Extensionsを参照、extensionの名前として markdown.extensions.sane_listsを指定してください。

このextensionは特別な設定オプションを受け入れません。

ページのトップへ戻る