UP
レイアウト(5)-layout_weight属性とweightSum属性 親ウィジェットの残りのスペースを分け合って使う
前のページへ
Android
次のページへ
レイアウト(7)-FrameLayout ウィジェットを重ね合わせて配置する。


レイアウト(6)-baselineAligned,baselineAlignedChildIndex属性 文字のベースラインを合わせて配置する。


baselineAligned-文字のベースラインを合わせて配置するかどうかを指定

LinearLayoutのbaselineAligned属性にtrueまたはfalseを指定することによって、文字のベースラインを合わせて配置するかどうかを選択できる。 (デフォルトでbaselineAligned属性はtrue)

以下に、baselineAligned属性を指定したレイアウトファイルの例を示す。

リスト1-baselineAligned属性の例(main.xml)

baselineAligned属性がfalseの場合とtrueの場合の画面を比較すると、 以下のようになる。

 

baselineAligned属性がfalse baselineAligned属性がtrueまたは指定なし

baselineAligned属性がtrueの場合は、textの文字位置とbuttonの文字位置が合わせて表示されているのが確認できる。

baselineAlignedChildIndex属性-どの子ウィジェットにベースラインを合わせるかを指定

baselineAlignedChildIndex属性により、縦に並んだどの子ウィジェットに対してベースラインを合わせるかを指定できる。

以下はその例である。

リスト2-baselineAlignedChildIndex属性の例

このプログラムを実行すると、以下のような画面が表示される。

 

 

TextViewのベースラインが、baselineAlignedChildIndexが1(0からはじまる)のウィジェット、button2に合わせられるのが確認できる。

コードによるbaselineAligned,baselineAlignedChildIndexの指定

リスト2のレイアウトを、コードを使って実現すると以下のようになる。

リスト1(GraphicsSample1.java)

baselineAlignedの指定は、LinearLayout#setBaselineAlignedメソッドを使う。(18行目)

baselineAlignedChildIndexの指定は、LinearLayout#baselineAlignedChildIndexメソッドを使う。(39行目)

参考のために、43行目以降にbaselineAligned属性とbaselineAlignedChildIndex属性の値をLogに表示するコードを追加している。

baselineAlignedの取得には、LinearLayout#isBaselineAlignedメソッドを使う。(44行目)

baselineAlignedChildIndexの取得には、LinearLayout#getBaselineAlignedChildIndexメソッドを使う。(46行目)

 

ページのトップへ戻る