UP
バラエティに富んだメニューを(3) - メニューに関するメソッドのあれこれ
前のページへ
Android
次のページへ
バラエティに富んだメニューを(5) - メニューグループ


バラエティに富んだメニューを(4) - メニュー項目数と表示のされかた


蛇足ではあるが、以下のようなプログラムを使ってメニューの項目数によって、画面の表示がどのように変化するか調べてみた。

メニュープログラム6(MenuSample6.java)

このプログラムは、メニューを表示するたびにメニュー項目が1つずつ増えていくようになっている。

プログラム実行時のメニュー項目数と表示のされかたは、以下のようになります。

オプションメニューを1つずつ増やしていく。

 

 

 

 

 

 

 

6個以上は「その他」が表示される。

 

 

その他を選択すると、7個目以降のメニューを表示する。

 

 

表示しきれなくなると、右端にスクロールバーが現れる。

 

 

コンテキストメニューも項目数が多くなるとスクロールバーが現れる。

 

 

アイコンとショートカットキー付きのオプジョンメニューで、6個以上メニュー項目がある場合。

 

 

「その他」を選択すると、下図のように残りの項目が表示されるが、 残りの項目にアイコンを設定しても、ショートカットキーは表示されるがアイコンは表示されない。

 

 

ページのトップへ戻る