UP
ダイアログは永遠に(1) - AlertDialog
前のページへ
Android
次のページへ
ダイアログは永遠に(3) - その他のダイアログクラス


ダイアログは永遠に(2) - ダイアログとアクティビティ


今回は、ダイアログクラス全般についての話題を。

も~っと素直に,も~っと自由に、そのままのDialogクラスでいて

AlertDialogクラスではなく、AlertDialogクラスのスーパクラスであるDialogクラス そのもの使って、ダイアログを表示する事もできる。

前回、AlertDialogによって実装した「カスタムダイアログを表示」のサンプルをDialogクラスを使って実現してみる。

プログラムは以下のようになる。

ダイアログのレイアウト用のxmlファイルは、前回と同じものをそのまま使っている。

AlertDialogと異なり、setViewメソッドのかわりにsetContentViewメソッドを使って、 アクティビティのようにコンテンツビューに、Viewオブジェクトを指定する。

AlertDialogクラスは、 安直に使う事ができるダイアログであったが、ビルダークラスを使う事が前提となっていて、 AlertDialogクラスのインスタンスを生成するには、ビルダークラスを仲介する必要があった。

Dialogクラスには、ビルダークラスは存在せず、直接インスタンスを生成する。

しかし、DialogクラスにはAlertDialogクラスのように、あらかじめ用意されているボタン等のウィジェットを、簡単に表示させる機能は存在しない。

あくまでも、コンテンツビューを介してウィジェットを表示する事になる。

当然、コンテンツビューへのViewオブジェクトの指定には、レイアウトファイルだけではなくコードを使って直接記述したViewオブジェクトを指定する事もできる。

アクティビティより愛をこめて - ダイアログとアクティビティとの熱い関係

アクティビティクラスには、ダイアログの状態を自動的に管理する仕組みが用意されている。

アクティビティに結びつけられた、複数のダイアログを管理するために、ユーザ定義のダイアログの識別子(ID)が使われる。

ダイアログを操作するには、ダイアログのIDを引数にとる以下の3つのメソッドがある。

  • showDialog
    ダイアログを表示するにはshowDialogメソッドを使う。
  • dismissDialog
    ダイアログを廃棄するにはdismissDialogメソッドを使う。
  • removeDialog
    ダイアログを再表示する必要が無い場合に、ダイアログを廃棄するにはremoveDialogメソッドを使う。
    dismissDialogメソッドとの動作の違いについては後述する。

上記のダイアログを操作するメソッドを実行する事で、ダイアログの状態の変化に応じて、以下の3つイベントメソッドのどれかが呼び出される。

  • onCreateDialog
    最初にダイアログを表示される前に各IDごとに1回だけ呼び出される。
    このメソッド内で、アクティビティが管理する、ダイアログの生成をおこなうコードを記述する必要がある。
  • onPrepareDialog
    ダイアログが表示されるたびに、表示の前に必要な処理を実行するために呼び出される。 ここに、表示前にに必要な処理を記述する。
  • onDismiss
    ダイアログの破棄時に、必要な処理がある場合はここに記述する。
    ダイアログに、setOnDismissListenerを使ってイベントリスナーを指定しなければ、呼び出されない。

onCreateDialogメソッド内で生成されたDialogオブジェクトが、アクティビティ内にを結びつけられて、管理されることになる。

以下のプログラムの例を示す。(ちょっと長いコードになってしまったが)

このプログラムは、2つチェックボックスのどちらか選択してボタンを押す事で、チェック項目に対応した2つのダイアログを操作するメソッドを実行する。

このプログラムを実行すると、以下のような画面が表示される。

 

 

各イベントメソッドでは、どのようなタイミングでイベントが呼ばれるのかを調査するため、Logを出力するコードを挿入している。

このログの出力より、dismissDialogメソッドとremoveDialogメソッドの違いをみてみると、 dismissDialogメソッドを実行した後に、showDialogメソッドを使ってダイアログを再度表示させても、 onCreateDialogメソッドは発生しないが、removeDialogメソッドを実行した後に、 showDialogメソッドを使ってダイアログを再度表示させると、onCreateDialogメソッドが発生している。

onCreateDialog() メソッド外で生成したDialogオブジェクトも、 setOwnerActivity メソッドを使うと、アクティビティに結びつけて管理する事ができるような事が ドキュメント には書いてあるが、 これをどのように使うのかについてはよくわからない。

Ok,キャンセルボタンの処理と
dismissメソッドとcancelメソッドと戻るボタンにより発生するイベントの違い

Dialogクラスには、ダイアログを閉じるのに dismissメソッドとcancelメソッドが使える。

その他にも、戻るボタンでダイアログを閉じる事もできる。

また、ダイアログ閉じる時に発生するイベントとして、onDismissイベントとonCancelイベントとがある。

次のプログラムを使って、ダイアログを閉じる時にどのイベントが発生するか調べてみた。

結果は、以下のようにdismissメソッドを使った場合のみ、onCancelイベントが発生しない。

  • dismissメソッド
    onDismissイベントのみ発生。
  • cancelメソッド
    onCancelイベントの後にonDismissイベントが発生。
  • 戻るボタン
    onCancelイベントの後にonDismissイベントが発生。(cancelメソッドと同じ)

通常、戻るボタンの押下は、キャンセルボタンと同意と考えられるので、これは理にかなっていると思われる。

この事を利用して、34,58、64行のコメントの位置にOk,キャンセル時の処理を実装と都合が良い。

些細な事であるが、onDismissイベントとonCancelイベントの発生するタイミングについて、 憶えておいたほうが良いかな。

 

ページのトップへ戻る